ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

医療安全対策

現在のページ

ページ内メニューです。

医療安全対策

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題である。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、病院及び職員個人が医療安全の必要性・重要性を病院及び自分自身の課題と認識し安全な医療の遂行を徹底することが最も重要である。
この重要な課題に対応すべく医療安全管理部の下、医療安全管理室及び感染対策室を設置している。

医療安全対策の業務について

医療安全管理室は施設全般にかかる医療安全管理を業務としている。

業務内容

  1. 各部署の医療安全推進担当者と連携・協働の上、医療安全管理のための組識横断的な活動を行う。
  2. インシデント報告を受け、事実の把握・分析を行い、医療安全専門会議で報告し、再発防止策を検討・提案する。
  3. 検討した再発防止策は医療安全推進担当者と協働で職員に周知し、実現に向けて働きかけるとともに、再発防止策の有効性について評価を行う。
  4. インシデント報告の収集、分析、具体的な改善策の集計結果の管理を行う。
  5. 定例の医療安全管理委員会で集計結果と再発防止策の報告を行う。
  6. 医療安全対策ネットワーク整備事業に関する報告をする。
  7. 医療安全に関する現場の実態調査と予防活動への取り組みを行う。
  8. マニュアルの点検と見直しの提言をする。
    • テーマを決めて巡視を行い、現場の実態を把握する。
    • 各部署において基準・手順・使用物品等違いがある場合は、関連委員会に情報提供し、病院としての統一がなされるよう働きかける。
    • 医療安全専門会議において決定した再発防止策についての遵守状況を確認するとともに、有効性について評価を行う。
    • 事故防止マニュアルの遵守状況の点検を行い、マニュアルの不具合がある場合は医療安全専門会議で検討し、改正内容は病院職員へ周知徹底を図る。
  9. 医療事故及び医療事故防止に関する最新情報の把握と職員へ周知する。
  10. 職員に対して医療事故防止に関する研修計画を立案するとともに、医療安全管理について啓発活動を行う。

医療安全に関する検討委員会

医療安全管理委員会
委員長 医療安全管理部長
副委員長 医療安全管理室長
委員 統括診療部長、事務部長、看護部長、薬剤部長、企画課長、内科系診療部長、外科系診療部長、副看護部長、医事専門職、医療安全管理係長、診療科科長、各種委員会委員長、各職場長
定期開催日 第4木曜日18時から
医療安全専門会議
メンバー 副院長、統括診療部長、事務部長、看護部長、薬剤部長、医療安全管理係長、専任リスクマネージャー
開催日時 毎日13時から
審議事項 日々のインシデント事例や患者さんからの相談内容や要望事項の対応方針など
会議の目的 院内で起きている思いがけない 出来事は時を移さず幹部職員が知ることで迅速で適切な対応をする

メディア掲載情報

感染対策

感染対策は、医療の質に関わる重要な課題である。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、医療施設及び職員個人が、感染対策の必要性・重要性を医療施設及び職員自身の課題と認識し、感染対策体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要である。

感染対策室の業務について

感染対策室は施設全般にかかる感染対策を業務としている。

業務内容

  1. サーベイランス:感染症発生状況の把握・分析・評価
  2. 感染対策マニュアルの整備(作成・改訂)
  3. 感染対策実施状況の把握・指導
  4. 抗生剤の適正使用の推進
  5. 職業感染対策
  6. 感染性廃棄物の分別の適正化
  7. 感染対策教育
  8. 医療器具の見直しによる感染対策の推進

感染対策に関する検討委員会

感染対策委員会
委員長 感染対策室長
委員 院長、副院長、統括診療部長、臨床研究部長、薬剤部長、看護部長、事務部長、臨床検査科長、企画課長、副看護部長、ICN(副感染対策室長)、医事専門職、医療安全係長、各職場長 他
定期開催 第2火曜日17時30分から

安全管理の確保に係る措置

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ